【神奈川】バイオ医薬品の薬物動態研究員(メンバー~リーダー候補)

掲載日時
2024年3月27日
募集期限
2024年4月26日
所在地
神奈川県横浜市
雇用形態
業界
  • 製薬・バイオファーマ
職種
  • 開発・臨床開発
年収
  • 700万円以上
経験レベル
  • スタッフ
英語レベル
  • ビジネス中級レベル(会議可能)
勤務地
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
上記規約に同意しますか
  • 同意する

詳細

~職務内容~

【職務内容】
バイオ医薬候補品の薬物動態試験(リガンドバインディングアッセイ系構築や免疫原性試験など)を実施いただくとともに、研究プロジェクトに薬物動態担当リサーチリーダーとして加わっていただきプロジェクトの推進を担っていただきます。

【配属部署の紹介】
創薬本部_薬物動態研究所は、各種分析技術を駆使して候補化合物やバイオマーカーの生体内における動きを捉えることを通じ、有効かつ安全な医薬品を患者さんにお届けすることに貢献しています。
創薬初期から承認申請までの幅広いステージに対応しており、各ステージに応じた評価の質とスピードにこだわってプロジェクトの推進に尽力しています。近年は新規モダリティーの薬物動態評価が課題となっており、長年自社で培った分析技術やオープンイノベーションにより評価基盤体制を整備しています。「モノの動きを捉えるスペシャリスト」として新たな医療価値の創出に取り組んでいます。

【配属事業所のご紹介】
配属事業所は横浜事業所です。横浜事業所は三菱ケミカルグループの横浜リサーチパーク(YRP)内にあり、グループ内シナジーテーマでは医薬品以外のライフサイエンスに関連したイノベーションに携わることもできます。

【魅力・やりがい】
有効性と安全性の根拠となるデータを提供する薬物動態研究は当社の革新的医薬品を患者さんにお届けするためになくてはならないものです。また、拡大している新規モダリティの評価には最新の評価技術を取り入れる必要があり、世界の最先端の技術構築(獲得)にも挑戦出来る部署です。

【本職務における競合との差別化ポイント】
- 研究初期から臨床/商業を見据えた一貫研究に最先端レベルで携れる
- バイオ医薬品を含む薬物動態評価のすべてのステップに携わることでテーマ提案から当局対応までの経験を獲得できる
- 当社米国子会社や海外CROとの業務を通じてグローバルに活躍可能

【当該職務を担う事で候補者が得られる経験/メリット等】
世界最先端並びにレベルでの技術(ノウハウ)獲得と自己成長感

【キャリアパス】
創薬本部又は育薬本部の職制(グループ長/専門職)、薬事 など

【当該研究の将来ビジョン/目標】
医薬候補品の薬物動態評価を通じて、プレシジョンメディスンの実現に貢献する

~応募条件~

【必須要件】
・学歴:6年制大学卒業者または理系大学院修了者(Ph.Dは必須ではない)
・経験職種(年数)・経験内容:
- 抗体,核酸,遺伝子治療薬などバイオ系医薬品分析(LBAやLCMSMS)経験,知識を有する方
- 薬物動態に関する基礎的な知識を有する方
・語学力:ビジネスレベルの日本語/英語のリーディング、ライティング、コミュニケーション能力を有する。 目安:マニュアル読解及び実験計画書・報告書作成が可能なレベルの英語力を持つ。

【歓迎要件】
・経験職種(年数)・経験内容:製薬業界経験5年以上
・経験補足:英語で社外発表が可能、もしくは会議でのコミュニケーションが取れるレベルであれば、なお望ましい。

アカウント登録した候補者のみ応募できます