【神奈川】遺伝子治療研究の生物系研究員

掲載日時
2024年3月27日
募集期限
2024年6月1日
所在地
神奈川県藤沢市
雇用形態
業界
  • 製薬・バイオファーマ
職種
  • 開発・臨床開発
年収
  • 700万円以上
経験レベル
  • スタッフ
英語レベル
  • ビジネス中級レベル(会議可能)
勤務地
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
上記規約に同意しますか
  • 同意する

詳細

~職務内容~

【職務内容】
創薬基盤研究所にて,遺伝子治療に関する新規技術基盤構築及び創薬プロジェクトへの実装/推進のための研究を生物系研究員として担当いただきます。

【担当業務項目】
・遺伝子治療に関する新規技術開発
・各種生物材料の調製
・in vitro及びin vivoにおける生物学的評価系構築及び評価

【配属部署の紹介】
創薬基盤研究所は創薬プロセスの主に初期に携わり、創薬の基盤となる幅広い技術を有する部署です。

【配属事業所のご紹介】
配属事業所は湘南事業所です。湘南ヘルスイノベーションパーク (湘南アイパーク) に研究所を配し、我々製薬企業のみならず、次世代医療、AI、ベンチャーキャピタル、行政など、幅広い業種や規模の産官学が結集し、エコシステムを形成することで、各企業間でオープンイノベーション(ヘルスイノベーション)を加速する場となっています。

【魅力・やりがい】
様々なサイエンスと技術が融合する最先端の研究で、異分野研究者と協働しながら、日々新しい発見が期待できる刺激的な仕事です。難易度も高いですが、それを実現した先には不治の病の絶望から患者さんを救える稀有な達成感を得られます。

【本職務における競合との差別化ポイント】
様々な経験・バックグラウンドを持つ研究者と協働しながら、将来を見据えたチャレンジングな研究戦略の立案から臨床を視野に入れた最先端創薬技術の基盤構築、PJ実装/推進まで一貫して携わることができる

【当該職務を担う事で候補者が得られる経験/メリット等】
創薬の研究開発に関する知識や経験、特にゼロからイチを作り出すための計画・戦略立案や実用化のための課題抽出、業務遂行のスキルを経験を通じて身に着けることができます。数年後には当分野のチームリーダーとしての役割やプロジェクトにおける当分野の主担当者としての役割を担っていただき、将来的には専門性とマネジメント能力を併せ持つ当分野のマネジメントに挑戦する・本研究のスペシャリストを目指す・技術者としての知見を活かし本社ドメインでの業務(企画,戦略など)に挑戦する、などの選択肢が考えられます。

【キャリアパス】
創薬本部の職制(グループ長/専門職)、コーポレート戦略部門など

【当該研究の将来ビジョン/目標】
遺伝子治療の創薬手法を確立しそれらをプロジェクトに実装することで最先端の創薬を強力に推進し、患者さんに治療満足度の高い価値ある新規治療薬を提供する。

~応募条件~

【必須要件】
・学歴:6年制大学卒業者または理系大学院修了者(Ph.Dは必須ではない)
・経験職種(年数)・経験内容:
遺伝子治療研究に応用可能な以下のいずれかの実務経験を有する方
- 分子生物学/細胞生物学/遺伝子工学的研究:細胞取り扱い実験、遺伝子組換え実験(大腸菌,ウイルス等)、遺伝子発現解析(mRNA/タンパク質定量、細胞/組織免疫学的染色 等)、研究用材料調製(DNA・mRNA・組換えタンパク質及び組換えウイルスの改変・精製・分析)
- 生化学的研究:タンパク質機能解析(酵素活性測定 等、各種評価系構築も含む)
- 薬理学的研究:動物取り扱い実験
・語学力:業務遂行上求められる最低限の英語力(メール・Web会議)
・その他:
- 遺伝子工学の高度なスキル/実験手技・知識を有し、それらを課題解決へ繋げられる方
- 協調性をもってチームワーク良く働くことができる方
- 実験結果を解釈して他部門に対してもわかりやすく説明できる方
- 新しいことを自身で切り拓けるチャレンジ精神をお持ちの方

アカウント登録した候補者のみ応募できます