【神奈川】 構造解析分野_X線・クライオ電顕の研究員(メンバー~リーダー候補)

この求人の掲載は終了しています
掲載日時
2024年3月27日
募集期限
2024年4月26日
所在地
神奈川県横浜市
雇用形態
業界
  • 製薬・バイオファーマ
職種
  • 薬事申請・品質保証・製造管理
年収
  • 700万円以上
経験レベル
  • スタッフ
英語レベル
  • ビジネス初級レベル(読み書き可能)
勤務地
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
上記規約に同意しますか
  • 同意する

詳細

~職務内容~

【職務内容】
創薬基盤研究所にて、構造生物関連の研究を行っていただきます。研究を通じて薬剤の創製に貢献できます。

【担当業務項目】
化合物とタンパク質/核酸の複合体の構造解析
・X線結晶構造解析、クライオ電顕
化合物とタンパク質/核酸の相互作用解析
・表面プラズモン共鳴(Surface Plasmon Resonance:SPR)、核磁気共鳴(Nuclear Magnetic Resonance:NMR)など

【配属部署の紹介】
創薬基盤研究所は創薬プロセスの主に初期に携わり、創薬の基盤となる幅広い技術を有する部署です。構造解析に関する機能では、主に化合物と標的(タンパク質,核酸)の相互作用情報を提供し、論理的かつ効率的な薬剤創製を推進しています。

【配属事業所のご紹介】
配属事業所は横浜事業所です。横浜事業所は三菱ケミカルグループの横浜リサーチパーク(YRP)内にあり、グループ内シナジーテーマでは医薬品以外のライフサイエンスに関連したイノベーションに携わることもできます。

【魅力・やりがい】
患者さんの治療に貢献する薬剤の創製に直接携わることができ、大きな達成感がある仕事です。

【本職務における競合との差別化ポイント】
構造生物に必要なタンパク調製、相互作用解析、X線/クライオ構造解析の高い専門性をグループ内に有しており、種々のモダリティーの広いステップにおいて創薬に大きく貢献しています。

【当該職務を担う事で候補者が得られる経験/メリット等】
創薬基盤研究所のメンバーは高いスキルを有しており、一緒に仕事をすることで、構造解析や相互作用解析のスキルを磨くことができます。様々なin vitro評価スキルを有するメンバーから、多様なスキルを学ぶこともできます。

【キャリアパス】
創薬本部の職制(グループ長/専門職)、高度専門職など

【当該研究の将来ビジョン/目標】
現在の創薬は、難標的への挑戦が増加しています。そのような創薬において、薬剤創出のブレークスルーにつながる構造情報や相互作用情報を構造生物によって提供することを目指しています。

【必須要件】
・学歴:6年制大学卒業者または理系大学院修了者(Ph.Dは必須ではない)
・経験職種(年数)・経験内容:3年以上のX線結晶あるいはクライオ電顕によるタンパク質構造解析の経験がある方
・語学力:英語:学術論文を読み理解できること
・その他:
- メンバーとコミュニケーションをとりながら業務を進められること
- 社内外の関係者とのコミュニケーションやネットワーク拡大に意欲のある方

【歓迎要件】
・学歴:構造解析分野での博士号
・経験職種(年数)・経験内容:3年以上のタンパク質の発現精製やSPRなどの相互作用解析の経験

 

アカウント登録した候補者のみ応募できます